賃貸でお得

賃貸物件探しのマル秘技~楽々新着物件を一本釣り~

賃貸物件 良い物件を見つけたい!

賃貸物件探しで、漠然と ”良い物件ないかな?” と探していませんか?

良い物件とはどんな物件でしょうか。

築浅、オートロック、駅近の物件が良い物件でしょうか?

ベストな賃貸物件は、人それぞれの好み、ライフスタイルで全く異なります。

あなたにぴったりな賃貸物件の見つけ方をご紹介します。



あなたの優先順位は?

まずは、あなたが優先したい事3つ、特にこだわらない事を3つ挙げてみましょう。

【優先したい】

・間取り(1LDK以上)

・駅までの距離(8分以内)

・家賃(10 万円以内)

【こだわらない】

・築年数

・駐車場有無

・オートロック

これだけの項目があれば、だいぶ物件は限られてきますね。

試しにこれらの項目を賃貸のポータルサイトに入力して、

どんな物件が出てくるか見てみましょう。

賃貸のポータルサイトはat home、suumo、homesなどのサイトが有名どころで、

全て無料で使うことができますので、

好きなサイトで検索してみて下さい。

アパート、マンションの構造

部屋の条件が決まったら、あとは検索して、探すだけです。

ただちょっとその前に、アパートマンションの構造について紹介します。

アパートやマンションはそれぞれ構造が違っています。

構造が違うと住み心地が全く違ってきますので、

アパート、マンションの構造を知った上で賃貸物件を探すことはとても重要です。

以下2種類がアパートマンションの代表的な構造です。

RC(鉄筋コンクリート)、鉄骨造

大規模なマンションで多い構造で、最も強度が高い構造です。

10戸程度の中規模なマンションでもRC構造のものが割とあります。

個人的には中小規模のRCマンションはおススメです。

まずRC構造は遮音性がとても高く、おとなりの話し声や生活音がほとんど気になりません。

中小規模であれば、エレベータの乗り降りなどの面倒もなく、快適です。

木造、軽量鉄骨造

木造、軽量鉄骨は一般の一戸建てに最もよく使われる構造です。

新築時は木の香りがしたり、温かみがあってとても気持ちが良いです。

ただし、アパートの構造としてはやはりRC造などと比べて劣化しやすく、

築年数が30年を経過したものは、見た目にも少し不安を持たれる方もいるかもしれません

基本的には木造50年は実用的には問題なく住める設計なので、

心配はいらないでしょう。

間取りや条件が気に入った物件は、全く心配せず契約しましょう。

戸建て賃貸物件

やや例外的に一般の戸建ての住宅が賃貸に出ている場合もあります。

新築で購入し、住み替えた方が賃貸に出している場合もあれば、

賃貸専用として建築された一戸建てもあります。

間取りや居住性がすぐれ、当然騒音などが気になりません。

ファミリーには断然のおすすめです。

固定資産税が掛からずに一軒家に住むことができますね。

ただし、駅からの距離が遠い場合が多く、車が必須になってくる場合が多いので、

立地や周辺環境を良く調べてから判断しましょう。

物件を見つけよう

以下の手順で、自分で優良物件を見つけることができます。

不動産屋さんの窓口で探してもらうのは、急いでいる場合のみにしましょう。

・アットホームのスマホアプリをインストールする。

・エリア、家賃、間取りなどの条件で検索する。

・検索条件に新着物件通知が来るように設定する。

・掲載日から一か月以上経過した物件は基本見ない。

・通知が来て、良さそうなら、即内覧を申し込む。

とにかく、優良賃貸物件をゲットするコツは、新着物件から探すことです!!!

優良物件は1~2日の掲載で決まってしまうことがほとんどです。

物件探しは、スピード勝負なんです。

ただし、毎日サイトを起動して、条件を入れて探すのは大変ですよね??

ここでは、待っているだけで自動的に

新着物件情報を手に入れる手順を解説していきます。

アットホームのスマホアプリをインストールする。

まずは以下サイトから アットホームのアプリをインストールしましょう。

リンクはiphone用です。

スピードを重視するため、アプリをインストールしましょう。

もちろん、物件を見つけてしまった後はいつでもアプリは消去できます。



エリア、家賃、間取りなどの条件で検索する。

エリアを決め、家賃などを入力し、実際の希望条件で検索をかけます。

この段階で出てくる物件は既に掲載されて(売れ残っている)物件ですので、

今回ひとまずは放っておいて下さい(笑)

新着物件通知が来るように設定する。

検索結果が出てきた画面にて、”この条件の新着物件お知らせを受け取る” 

を押せば、設定は完了です。新着物件が出た場合には、アプリにて通知があります。

およそ、一日、一回午前8時頃に更新があります。

また、物件の条件は複数登録することができるので、

もう一度条件を変えて新着物件通知を登録してくださいね。

新着物件通知が来たらすぐに内覧しましょう。

新着物件の通知がきたら、すぐに自分が住みたいかどうかを確認しましょう。

もしも良さそうだったら仲介不動産屋さんに電話をし、内覧の希望を伝え、

日程の調整をしましょう。

*もしも本当に良い物件だと思ったら…

内覧をせずに賃貸の申し込みをしてしまいましょう。

この段階で一番であれば物件をキープすることができます。

さらに、後日見てみて最悪希望に沿わなければキャンセルすることも可能です。

やむを得ずキャンセルとなってしまった場合は、

不動産屋さんに理由を説明した上で、丁寧にあやまりの連絡を入れましょう。

まとめ

まずはご自分が賃貸に住む上で大事にしたいことを確認しましょう。

優先したいこと、こだわらないことを3つずつ挙げてみて下さい。

優良物件は新着物件の中にあります。

ある程度時間を掛けて出てくるのをじっくり待ちましょう。

アプリを入れれば、自動で新着物件情報をゲットできます。

*付録【隣人の騒音】

実は、著者も5年ほど築浅の小規模RCマンションに住んでいたことがあります。

静岡県浜松市内のRC物件で、築5年、1DK、家賃5.3 万円でした。

ローカル駅からも徒歩圏で、暮らしやすかったのですが、

変わった隣人が住んでいるマンションだったのです。

まず、入居してしばらくして隣に引っ越してきた

太った隣人男性のいびきが尋常ではなく、

夜間は、RC構造をもってしても我慢ならならいレベルであったのが大変でした。

もう一人、同じ階の角部屋に住んでいた若い男性にも問題があり、

頻繁に女性を連れ込んでは、(窓を開けて?)セックスの騒音をまき散らしていました。

同階の女性などは、たまりかねて、はじまると即外出したりして、気の毒でした。

以上の私の経験のように居心地の良い賃貸物件を見つけたとしても、

隣人がまともな人かは事前に分かりませんし、

おかしい人がいても基本どうすることもできません。

住んでみるまでは分からないものです。

騒音対策はどうするか

騒音がひどい場合は、大家さんや管理会社に連絡しましょう。

本人に注意してくれるはずです。

しかし、改善されない場合はとっとと引っ越すことをおススメします。

ストレスをためないほうが大事ですから。

この場合、騒音の証拠をきちんと取っておいてみましょう。

何月何日、こんな音だったとスマホで記録してください。

管理会社さんなどと交渉して、どうしてもやむを得ないレベルであれば、

引っ越し費用などの一部をオーナーさん、管理会社さんに

負担してもらえる可能性もあると思います。