一人暮らし

家具選びで差がつく!狭い部屋でも広々使うためのレイアウトテクニック紹介

都会での一人暮らしは、4畳~6畳のワンルームをいかに広く使えるように活用するかがポイントです。   

狭い部屋でも快適な空間を諦めたくない!広々とスッキリ暮らしたい!!

ワンルームでも家具選びや配置のコツが分かれば、快適なお部屋が実現できます。狭い部屋でも広々と使えるインテリアの選び方を紹介していきます。

家具選びと配置のポイント

部屋を広く見せるために低い家具を選びましょう! 家具のサイズはなるべくコンパクトにしてスペースを広くとれるようにします。大きなソファーやテーブルに憧れを持つのも分かりますが、実際購入しても、部屋が狭くなって結局使えなくなってしまいます。初めは小さいサイズのものを購入して、大きな家具は後々じっくり考えてから購入しましょう。

・収納家具の選び方

狭い部屋でもスペースを広くとるには収納がポイントになります。

用途に合わせて大きさや形を変えられるような収納を選びましょう。

SUGIつんどくボックスは、様々なサイズの箱を組み合わせることでTVボードにもなり、ドレッサーにもなります。ユーザーの工夫とセンス次第で多様な使い方が出来るので、おすすめです。

【SUGI-インテリア】つんどくボックス A4-3S 幅720×奥行250×高さ350mm(A4タイプ) CB(チャコールブラック)色

また、小さな家具は引っ越しの際、新たな家のサイズに囚われず使用できます。今より広い部屋に引っ越す分には問題ありませんが、その逆のパターンも十分にあり得るわけです。

・背の高くて大きな家具は一点のみにする

とはいえ、本棚やコレクションボックスなど、どうしても置きたい趣味のものもありますよね。背の高くて大きい家具は、一点ならば導入しても置き方を工夫すれば問題ありません。

・家具の配置は大きくて背の高いものを手前に、低いものを奥に配置

背の高い家具は、部屋の手前側に置くと、圧迫感を感じにくくなります。背の高い家具を手前に置き、背の低いベッドなどを部屋の奥に配置するのが、部屋を広く見せるコツです。

大物家具を設置する際は、災害時に避難経路を塞がないか確認しましょう。家具が倒れてドアが開かなくなる事例があります。あらかじめ、突っ張り棒などで家具を固定しておくなど災害対策をしておくことを、おすすめします。

平安伸銅工業 家具転倒防止突っ張り棒 ホワイト 取付高さ35~50cm REQ-35

・ベッドの選び方

部屋を広く見せるならば、ロータイプのベッドをおすすめします。

ベッド下にちょっとしたものを収納でき、腰をかけてソファ代わりにくつろげる高さのものを選ぶといいですよ。

Clerusの脚付きマットレスベッドは、セパレート式で二つに分割できるので、女性でも持ち運びが楽にできます。模様替えや引っ越しも簡単に行えます。

家具350 【シングル】 マットレスベッド 脚付き シングル マットレス 分割 ホワイト ブラック 102016

思い切って、デスク一体型のベッドを購入してしまうのも手。人をダメにするベッドを紹介します。なかなか存在感のあるサイズですが、ワイヤーフレームでデザインに解放感があり、ワンルームに嬉しい収納部がたくさんあるので、手が届く範囲でたくさんのものを置くことができます。

ワイヤーフレームの人をダメにするベッド

・ベッドの配置

部屋を広く見せるには、ベッドの位置は入口から離して設置するのがベターです。暮らしの動線を考えると、大半の物件は入口側にキッチンがあるため部屋の手前を食事・ワークスペースにしたほうが使い勝手のいい部屋になります。

そうなると、ベッドの位置は必然的に窓際・壁際になります。

部屋をとにかく広く見せるなら、部屋の一番奥に置く。

手前側に空間が出来ることで他の家具配置がしやすく、明るい印象の部屋になります。

ただし、大半の物件は部屋の奥側にベランダや窓があります。洗濯物や、ガーデニングの際ベッドを乗り越えることになるので、頻繁にベランダへ行き来したい人にはおすすめしません。また、冬には窓から入る冷気や結露も想定しておかなければなりません。配置の際は、窓からは最低10センチ離した場所にベッドを置きましょう。

その点、壁側ならベランダへの動線を気にすることなく配置できます。また、頭が壁側に付く配置だと、寝る際に安心感が生まれるそうです。ただし、縦に長い部屋は、他の家具配置に工夫が必要になります。ベッド以外の家具をコンパクトにする必要も。

カーテンで部屋を広く見せる工夫

部屋を広く見せるなら、カーテン選びも重要です。カーテンは薄めの色にすると、圧迫感が無くなり部屋が広くみえます。逆に、黒やネイビーといった濃い色は収縮色といって部屋を狭くみせてしまいます。同様に、大きな柄のカーテンも、柄に目が行くことで部屋を狭く見せます。よほどのこだわりが無ければベージュやオフホワイトなどを選んだ方が無難です。

・レースカーテンを内側にする

また、カーテンを取り付ける際にレースカーテンを内側に取り付けるというテクニックも。濃い色のカーテンを選んでも、レースが圧迫感を和らげてくれます。また、あえて濃い色のカーテンと柄付きのレースカーテンを選ぶことで、レースの柄を楽しむ事ができます。

・レースカーテン二重張り

著者の家では一番大きな窓のみ、この方法を取っています。とにかく部屋を明るく見せたい人にオススメです。ただし、防寒にならないことと、夜になると外から見て室内のシルエットが少し気になるので、防犯的に心配な人は雨戸を閉める・Rabbitgoo窓用フィルムなどで、窓に目隠しシールを貼るなどの対策は必要です。

Rabbitgoo 窓用フィルム 目隠しシート 断熱/紫外線カット 無接着剤 再利用可能 (遠花火 90 x 200cm)

アウトドア用品を取り入れてみる

アウトドア用品も、年々オシャレで可愛いものが増えているのでインテリアとして活用するのがオススメです。大概のアウトドア用品は軽量なうえ、折りたたむなどしてコンパクトになるので、不要になった際や引っ越しの時が楽。まさに一人暮らしにぴったりのインテリアです。

キャプテンスタッグの三段ラックは自宅でも使えるアウトドアグッズの代表格です。

手ごろなサイズ感が収納に、飾り棚にと活躍してくれます。

ソファを置くと部屋が手狭になってしまう・・・。

そんなときに、キャンピングムーンの焚き火チェアを室内で使用するのもおすすめです。

ロータイプのチェアなら、狭い室内でも圧迫感なく使えます。背面にポケットが付いているので、リモコン類の定位置にも。

私の周りでも、アウトドアブームでキャンプをする人が増えました。急なキャンプ、BBQのお誘いがあったときにも使えます。また、アウトドアグッズは防災用品に転用出来るのもメリットです。

間接照明もアウトドア用ならコードレスなのでスタイリッシュに使えます。

ソネングラスは、ソーラータイプの間接照明。

【公式】ソネングラス SONNENGLAS 250ml Mini LED ソーラーライト メイソンジャー 防災グッズ プレゼント

リラックスタイムはテーブルの上に置き、寝るときにはベッドサイドへ移動と、すぐに持ち運べる手軽さは優秀です。防水なので、入浴タイムの間接照明にしてもおすすめです。

おわりに:狭い部屋のインテリアはコンパクト&フレキシブルに

暮らしていくうちに「もっと良くしたい」「便利にしたい」と思うことが増えてくるものです。そんな時に、コンパクトサイズの家具ならば手軽に模様替えができます。

また、賃貸の一人暮らしなら引っ越しも視野に入れたほうがいいです。

転職や同棲など、予期せぬきっかけで環境が変わることもあります。そんなときに、小さな家具たちは新しい居場所でまた違う輝きを放ちながら活躍してくれますよ。