賃貸でお得

戸建て賃貸の魅力と物件選び~良質な戸建て賃貸物件の見分け方~

賃貸か住宅ローンか迷ったとき、いつか自分の住宅を持ちたいけど買いたい物件

が見つからないとき、マンションやアパートにはあんまり住みたくないな~と思う方、

ちょうど良い選択として、戸建ての賃貸に住んでみてはいかがでしょうか?

戸建て賃貸の魅力

・自分の家を持てたような気持ちになれる。

・一戸建てに住んで体験し、買う前に知識がつく。

・自分が出す騒音、隣人の騒音を気にせずに暮らせる。

・広い家や庭で子供が自由に走り回れる。

・設備が充実してる(駐車場が無料、ベランダが広い、トイレが2つ。)

・階段やエレベータ無しで家に出入りできる。

会員数100万人!お菓子・パン作りの通販サイト【cotta】

自分の家を持った気持ちになれる

賃貸アパートやマンションに住んでいて、同僚や友人が新築一戸建てを建てたよ~

なんていう話を聞くと、どうしても自分も家を持ちたくなってしまいますよね。

ただ一戸建てを購入するとなった場合、どこに住むか考えたり、

ローンの申し込みをしたり、準備が大変で、すぐには踏み出せないときも多いと思います。

そんな時、戸建ての賃貸住宅を考えてみてはどうでしょうか?

ピカピカの新築ではありませんが、マンションでは味わえない自分で家を所有したような

気持ちになることができます。

一戸建てに住む体験ができる

もしもこれから新築の戸建てを買ったり建てたりする予定の方は、賃貸マンションなど

に住んでいきなり新築一戸建てを買うよりも、一度戸建ての賃貸に住むことで、

疑似的に新築の戸建て生活を体験することができます。

実際に一戸建てに住んでみると、こういう間取りだったらな~とか

水回りがこういう機能がついていればな~といった ”こうだったらいいな~” 

という気持ちが沸々と出てくるかと思います。

その気持ちが経験値になりますので、

自分が新築をするときに理想の家をつくっていきましょう。

自分が出す騒音、隣人の騒音気にならない

戸建ては建物が独立しているので、自分の家の騒音を出すことも気にならないですし、

周囲の音もあまり気になりません。子供が泣いたり、ペットが吠えたりしても安心ですね。

広い家や庭で子供が自由に走り回れる

毎週末公園に連れて行って遊ばせるのも大変ですよね。

一戸建ては十分なスペースがありますので、家の中で子供が走り回ったり、ふざけあったり

して遊ぶことができます。広い家と庭でストレスを発散させてあげましょう。

設備が充実している

アパートやマンションよりも一戸建ての方が設備が充実していることが多いです。

例えば、専用駐車場が家の目の前にあり、広いベランダで洗濯物をたくさん干すことができ

たり、広いユニットバスでのびのびお風呂に入ることができます。

もしかすると、キッチンにはビルトイン食洗器が備え付けてある物件もあるでしょう。

充実した設備があると、これまでできなかったことができるようになります。

賃貸用に建てられた戸建てはイマイチ

これまで賃貸戸建て物件は、環境が良く、設備が整っていて住みやすい

ということを紹介してきましたが、賃貸専用で作られた戸建て物件には注意が必要です。

どういうことかというと、現在の賃貸物件は競争が激しく、マンション、アパートが

飽和状態になっている現実があります。そこで物件を借りてもらいたい大家さんが

賃貸専用の一戸建てやテラスハウスを貸し出すようになりました。

ここで注意したいのは、賃貸用の住宅は一般的な戸建て住宅の構造は違っていることです。

賃貸専用の戸建ては住環境ではなく収益性を重視した作りになっているからです。

収益性を重視した作りというのは単純に言うと 部屋の面積当たりいくらの家賃がとれるか

を重視する、ということです。

つまり、賃貸の一戸建ては聞こえは良く、不動産屋さんも推してきますが、

実際は一般の一戸建ての7割程度の床面積のことが多いです。

またテラスハウスなどは確かに戸建てっぽいですが、

多くの面積がとなりとくっついているので、実際は隣の音がバンバン聞こえます。

RCのマンションの方がはるかに遮音性が高いでしょう。

賃貸用に作られた戸建かどうか是非注意してみて下さい。

狙い目は築20~30年、リフォーム済み

先ほど紹介したように戸建の賃貸でも、賃貸専用に作られた住宅はあまりおススメ

しません。ではどんな戸建賃貸を選んだらいいんでしょうか?

実際に住宅として住んでいて、貸しに出された家です。

両親が60才くらいで子育てを終え、住み替えたというのが一つのケースです。

子供が2~3人居た家庭が多く、築20~30年くらいの家になります。

こういった家に賃貸で住むメリットは以下です。



実需戸建のメリット

3LDK,4LDKなど間取りは大きめで、100m² 以上あることも

実際に新築された家ですので、住環境が良いことがほとんどです。

新築当時4~5人家族であることがほとんどですので、間取りも充実しています。

庭があって家庭菜園や子供が遊べるスペースがある。

また庭や2台以上の駐車場があることも多いです。

実需戸建のデメリット

築年数が20~30年と古いものが多い。

やはり築年数が古いので、外壁や屋根に劣化が見られることもあります。

設備が老朽化している。

また設備が老朽化しているため、水回りなど女性が気になるような点がいまいちであることも実際にはあります。

リフォームされた借家を狙え

では本当に狙うべき戸建の賃貸物件とはどんな物件かというと、

築年数20~30年でリフォームがされた家です。

理想的には風呂トイレも新品になっている家が良いですが、

そこは自分の許容範囲で判断されるのが良いと思います。

設備を充実させる裏技としては、入居後にご自分と大家さんが半々ずつ費用を負担

してお風呂やトイレを新品に入れ替える交渉をすることです。

大家さんとしては半額で設備を新品にグレードアップできるので、

双方にとって魅力のある展開となります。

まとめ

戸建賃貸に積極的に住み替えると住環境が劇的に良くなります。

賃貸専用の戸建住宅は収益性を重視しているので狭い。

リフォーム済みの実需住宅を狙いましょう。