賃貸でお得

隣人との騒音トラブル対処術

暮らしや住宅のトラブルで最も多いのが騒音に関するトラブルです。

著者も隣人のじびきやセックスの音に悩まされた経験があります。

結果的に隣人が引っ越してくれてたのでラッキーだったのですが、

トラブルに対処するにはどうすれば良いでしょうか。

関連記事 : 賃貸物件のトラブル対処法

やってはいけない対処法

我慢し続ける

休息を取れるはずの家でストレスを溜め込んでしまうのは、心身ともにとても

悪い影響があるので、騒音があるから自分が我慢すれば良いという考えは

やめましょう。放っておくとどんどん悪化してしまう可能性もあります。

隣人と直接話す

隣人と直接コンタクトして話会いで解決するのは、交渉の労力も掛かりますし、

お互いの氏名や場合によっては職場まで分かってしまう場合もあります。

大きなトラブルに発展してしまう可能性もあるので、

なるべく別の方法を取るべきです。

インターネットでは騒音トラブルは隣人同士の話し合いで解決することを

推奨していますが、お互いの言い分が異なる場合が多いので円満解決

は難しいはずです。

警察、弁護士に相談

器物破損など事件があれば、警察に相談できますが、

騒音がうるさい、というだけでは警察も立件ができないので動けません。

法的に解決する方法ですが、騒音が通常我慢できる範囲を超えている、

ということを客観的に立証する必要があります。

とても手間と労力がかかる上に弁護士への費用を考えると

自分が引っ越してしまった方がはるかに楽ですので、

刑事事件や法的な解決は現実的ではないでしょう。

何もいわずに引っ越す

何もいわずに引っ越すのは、自分が被害を受けてしまっているのに、

何寝入りをしてしまっているのと同じです。

できれば何らかの金銭的補償を受けたほうが良いでしょう。

壁などを叩く

ありがちな行動かもしれませんが、実は壁を叩くのは

騒音に対して騒音で返しています。これをやってしまうと自分を騒音を出して

しまったことになるので、どちらが加害者かはっきりしなくなりますので、

もしも自分が優位に円満に解決したいのであれば、

絶対にやってはいけない行為です。

正しい対処法

管理会社に相談

まずは、ご自分と隣人との間を仲介する誰かに入ってもらうこと、

これが重要な第一手になります。

何か自分で行動するまえに第3者に相談することです。

物件で生じたトラブルを解決することも管理会社さんの仕事の一つですので

相談することはあたりまえのことですし、管理会社さんは解決する責任

があります。

管理会社さんは本来は騒音トラブルを円満に解決する責任がありますが、

実際には当事者同士で何とかしてほしいと思っています。

なので、多少の騒音はしょうがない、とか建物の構造上やむをえない

というように何とか我慢させようとしてくるはずです。

よほどクレイジーな隣人でない限り注意はしないので、

もう本当に我慢できない、ということを伝えて動いてもらうようにしましょう。

大家さんに相談

解決方法として最も有力なのは大家さんに相談することです。

なぜならば騒音を出す入居者がいることは大家さんにとっても大きなリスクであるためです。

実は問題のある入居者が一世帯あることで、他の問題の無い入居者が出ていってしまうこと

を大家さんは一番恐れているのです。

もしも迷惑な入居者が退去してくれれば、

迷惑を受けている方と大家さんの利益は一致しているといえますので、

大家さんも積極的に問題入居者の退去に協力してくれる可能性があるのです。

状況を書き出しておく

大家さんが積極的に問題入居者を追い出してくれるように、

いつどのような騒音があったのかを記録しておきましょう。

大家さん、管理会社が問題の入居者と交渉できるような材料を渡しておくのです。

やるべき対処術をやった後は

賃借人の退去は難しい

問題のある入居者を強制的に退去させるのは、現実的には不可能です。

なので、大家さんと管理会社が問題入居者に証拠を示して、

問題入居者本人の意思で退去してもらうという形にするしかありません。

このような形が実現すれば理想的だと言えます。

自分が退去する。

対処して難しいようであれば、諦めて自分が退去するほうが良いでしょう。

このとき、すでに大家さん、管理会社さんに自分がいかに迷惑を受けたかが

伝わっているかが重要になります。

基本路線は、金銭的に有利な条件を引き出して、自分が退去する方向です。

レオパレス21の賃貸物件を探す

やむを得ず引っ越す場合の対応

敷金は100%返還してもらう。

引っ越し費用の一部を迷惑料代わりに負担してもらう。

以上の2点は大家さんと交渉してみましょう。

次の引っ越し先について

騒音の問題について、木造、軽量鉄骨の物件はどうしても生活音が聞こえます。

騒音が気になるのであれば、RC(鉄筋コンクリート)、鉄骨造の角部屋、

最上階を選びましょう。

また不動産屋に前に騒音トラブルで苦労したことを伝えて物件選びをしてみましょう。

次は理想的な賃貸物件を見つけましょう(引っ越し準備はこちらです。)

まとめ

騒音トラブルを当事者間で解決するのは困難

大家さんも問題入居者を退去させたい。

大家さんと協力して対処しましょう。

おすすめ記事:普通のサラリーマンが住んでいる賃貸物件を買い取れた理由