住宅ローン

審査基準は?年収300万円以下でも通った住宅ローン申請結果を紹介

皆さんは持ち家でしょうか、それとも賃貸でしょうか。
私はこれまで人生の大半を賃貸住宅で暮らしてきた生粋の賃貸派ですが、
今回幸運にもある住宅との出会いがあり、マイホームをゲットすることができました。

年収が低くて住宅ローンが組めるかどうか不安に思っている方、
心配しないで下さい!年収300万円以下でも住宅ローンを組むことはできます。

実は今回、住宅ローンを組んだのは世帯主の著者ではなく、妻です。
妻は現在育児のため時短勤務中で、年収は300万円以下(280万)です。

このような低年収でも住宅ローンが組めるのでしょうか?
半信半疑ながらいくつかの銀行を訪問し、住宅ローンが組めるか、条件がどうなのか、
検証できましたので、紹介していきたいと思います。

住宅ローンってどのくらい借りられるの?

ネットで調べてみたところ以下のような金額が目安として出てきました。

どうでしょうか? 以外と借入できますよね。年収の6~7倍程度まで借入できるようです。
これなら年収が低めでも新築住宅も十分に購入できてしまいますね!
ただし、家計にしめる住宅ローンの適正な割合がだいたい4倍程度と
言われています。万が一給与収入に減少があった場合、
住宅ローンによって家計が圧迫されてしまうので、

余裕を持って借り入れたいですね。

どんな人が住宅ローンを組めるか

住宅ローンが組める人の条件

・正社員(入社したばかり、転職したばかりはNG)

・与信に傷がない(他の借り入れ、遅延がない)

(カードのリボ払いもあまりよろしくありません。)

実は、今回著者が住宅ローンを組まなかったのは、別に不動産投資をやっており、
与信をそちらに向けたいと思ったため、妻に住宅ローンを組んでもらうことに
しました。

ここで本当に声を大にしてお伝えしたいのは、
仮に低年収でも正社員であれば、
住宅ローンという与信を活用することができる!
ということです。

年収300万円以下は事前審査落ちという情報もありましたが、
年収270万円程度でも正式審査を受け、融資を受けることができました。
年収はともかく、是非とも正社員という立場で住宅ローンを活用しましょう。

もう一度言います。
唯一、一般人でも高額、長期、低金利ローンは住宅ローンだけです。

webから住宅ローンの相談をしてみる

どんな物件を購入するか

今回、著者が購入する物件のスペックは以下のようなものです。

所在   地方市街地
種別   戸建て
築年数  12 年
床面積  80 m2
間取り  3LDK
価格   1000万円半ば

この中古物件に目を付けたポイントはずばり築年数です。
住宅が販売に出されるときの売価というのは基本的には、新築時をピークとして
年々下がっていく査定となります。
その売価が下がりきって横ばいになるのが、ちょうど築10年目くらいなのです。

つまり築10年目以降は売価減少しずらくなってくると言えますので、
中古住宅を購入するとすれば築10年くらいの住宅が適しているといえます。
その意味で今回の物件はピッタリの条件だった訳です。

住宅ローンの借入先、条件

今回は以下の金融機関に融資の申し込み、審査を依頼しました。

・ ろうきん(静岡労働金庫)

・ 住信SBIネット銀行

・ ジャパンネット銀行

金融機関に融資審査を依頼するときには、契約書や重要事項説明書をはじめ
物件資料のほとんどが必要になりますので、事前に3部ほどコピーを
取っておくとスムーズに審査の依頼を進めることができます。

今回融資審査を申し込んだうち2行がネット銀行です。
ネット銀行は金利がとても低い分、窓口などで説明が受けられず、
全てネットで手続きを済ませる必要がありますが、
とにかく金利を抑えたいかたには使い勝手が良い金融機関です。

金利が低い分、別途事務手数料として、
借り入れ金の2.2%が手数料で掛かりますが、
これを加味してもトータルでは店舗の銀行よりお得であることも計算できました。

ろうきん

ろうきんは、地元の労働者に広く支援してくれる金融機関です。
面談もとてもスムースで、本審査まで問題なく通りました。
条件としては以下です。

金額 1100万円(年収の4倍まで)
金利 0.75 %(変動金利)
機関 20年
団信保険 金利に0.2% 上乗せ

住信SBIネット銀行

SBIネット証券の系列金融機関ですが、
振込手数料が他行でも無料というサービスがあり、普段使いもしています。
また変動金利にて0.44%で団信をつけても金利上乗せなしです。
こちらも融資審査問題なく希望額満額の融資承認を得ることができました。

金額 1300万円(希望額)
金利 0.44 %(変動金利)
期間 20年
団信保険 金利上乗せなし

*事務手数料が借り入れ金の2.2% 掛かります

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行はソフトバンクグループのZホールディングスが運営する
ネット銀行です。今回申し込んだ金融機関の中で
最も低金利な0.38%!!の住宅ローンを提供しています。

さらにガン保険まで含む手厚い団信保険をSBIと同様の金利上乗せなしで
実現しており、実は一番融資を受けたい銀行でした。

融資審査の結果は….否決!!

なぜ融資否決されたか

ネット銀行の事前融資審査はSBI、ジャパンネットともすごい
スピード感で承認が来ますので、
正直どこを見ているの?という感じがありました。
ジャパンネット銀行に至っては本審査も1~2日とすごいスピードで否決が決まりました。
SBIが承認されて、ジャパンネット銀行の融資審査が否決だった理由は不明ですが、

心当たりとしては、妻がSBI銀行のネット口座を既に持っていてある程度の
入金額があったということです。
ひょっとすると現預金もある程度の与信として認めてもらえたのかもしれません。

webから住宅ローンの相談をしてみる

【まとめ】

年収300万円で、ネット銀行とろうきんの住宅ローンを申請しました。

住信SBI銀行、ろうきんは融資承認でした。

ネット銀行は金利が安い分、全てネット上での手続きとなり、

ある程度自分で調べて申請していく手間が掛かります。

*おまけ【住宅ローン承認後の流れ】

住宅ローンの承認後は、不動産の登記の手続きを行ってくれる
司法書士さんが銀行の方から指定されます。
司法書士さんは居住エリアの近くで選定してくれます。
その後、仲介の不動産業者 ⇔ 司法書士さんの間でやり取りがあり、関連書類が引き渡されたようです。

次に不動産業者を介して売主さんと決済の日程調整をしました。
決まった日程をSBI銀行のウェブにて入力し、司法書士さんに通知があり、
無事に決済の日程を3者間にて調整することができました。

ここまでやってみて、低金利は嬉しいですが、
正直なところ、書類のやりとり、日程調整など、結構な手間が掛かります!!!
時間が取れない方は通常の窓口がある金融機関もおすすめだと思います。
自分でファイナンシャルプランナーの資格の勉強をすることで、
住宅ローンの知識、不動産、保険の知識が身につき、有利な条件で住宅ローンを組んだり、
投資信託を選ぶことができるようになります

【無料で学べる】3級ファイナンシャルプランナーの無料講座を受けてみる