Uncategorized

住みたい街2021は、住環境、家賃の最適バランス

住みたい街ランキング2021が発表されました。

予想通り、昨年の人気ランキングではまったくランキングにあがっていな

かった街が大幅にランクアップして上がってきました。

1位 本厚木 

八王子、千葉、柏、蕨、が大躍進です。地味ですね(笑)

2020年はどの街がランクイン?

住みたい街ランキングは、毎年注目していたのですが、実はこれまでは、

そこまで大きな変動はありませんでした。だいたいの傾向としては以下です。

・ 23区の西側

・ 若年層が好む街

・ 飲食店、店舗が充実している。

・ ターミナル駅で、アクセスが良い

これまでのランキングの上位の街はこの中のどれかにあてはまる傾向がありました。

ただ、今回のランキングではこれまでランクインしなかったような地味な(笑)

街がランクに入ってきました。

ちなみに2020年の住みたい街ランキングは以下です。

順位駅名(代表的な沿線名)
1横浜(京浜急行本線)
2恵比寿(JR山手線)
3吉祥寺(JR中央線)
4大宮(JR京浜東北線)
5目黒(JR山手線)
6品川(JR山手線)
7新宿(JR山手線)
8池袋(JR山手線)
9中目黒(東急東横線)
10浦和(JR京浜東北線)
住みたい街ランキング2020年版

2021年に人気の街はどこ?

2021年にランクインした街の中で、

2020年から8位以上大きくランクアップして入った街がありました。

本厚木、八王子、千葉、蕨、三鷹、柏 です。

郊外の街でターミナル駅や快速で都内に通勤しやすい街がランクインしています。

これは間違いなく、リモートワーク、テレワークの影響で、都心近郊で生活する必要が

無くなった方が郊外周辺に転居しようとしているのかと思います。

ランクインした街はどこにある?

ランク上位の街で都心から離れた街の代表は以下です。

本厚木、八王子、千葉、大宮、三鷹、柏

人気急上昇した街をグーグルマップでマッピングしてみました。

マッピングしてみると、きれ~いに東京のちょっと西側を中心とした円形になりました。

およそ35km内に均一に本厚木、八王子、大宮、柏、千葉があります。

テレワーク、リモートワークの普及で、都心に住む必要がなくなった人が

郊外に散らばっていった様子がよくわかりますね。

ただし、遠くなるにしても職場に何とか出勤することも苦ではない範囲で

都心から離れていったことがマップから良く分かります。いずれの都市も1

時間弱で都心に出れますので、月数回の出勤なら問題ないでしょう。

問題の無い距離でなるべく都心から離れることで、広い間取りと安い家賃を

手に入れることができたんじゃないかと思います。

家賃と可能な住環境のバランスが取れているところで落ち着いたということですね。

都心で働くことの意味

東京には文化が集まっている

働く場所にとらわれない世の中になると、いままで都心で過ごしてきた

メリットを考える機会になりますね。

著者は高校、大学時代は新宿周辺の学校に通学し、

新卒にて地方に移住しました。

やはり地方に移住してみると文化の落差はとても感じました。

つまり最新のものは全て東京から発信され、

東京で消費されているということです。

流行の模倣が地方に届けられるのは大分時間が経過したときです。

このように文化面では圧倒的に東京に価値があると思います。

地方は競争が緩い

やはり、地方の一番のメリットというか、東京の人が地方に来るメリットとしては

競争環境が厳しくないということではないでしょうか。

東京には優秀な人、お金を持っている人、権力者が集中しています。

そのような人達と切磋琢磨してある程度勝ち残ればラッキーですが、

自分が本当に大事にしたいものが見えてくる40代あたりで、

消耗して燃え尽きてしまいかねません。

地方は子育てしやすい

地方も大都市は保育園の空きがあまりないのですが、移住してきた方々は優先的に入ることができます。

両親も遠方であればほぼ確実に入ることができるでしょう。

住宅に関しても賃貸でも良質な一軒家を探すことが可能で、

3LDK、4LDKでも10万円を切る家賃の物件も多くあります。

また、車社会なので、満員列車という概念そのものがないです。

満員電車に生涯乗ったことがないという方も結構いらっしゃいます。

田舎で不安だな~と思うかもしれませんが、近所付き合いに関しても

ほとんど東京と同じ感覚で問題ありません。



地方では、バリバリやれる人材が求められている

実際のところ地方企業の採用担当も都内で揉まれて多くの経験を積んだ

人材であれば、高く評価するようですが、

やはり地方への移住というハードルが高いようで、

地方への移住を伴った転職をする方はあまり多くないようです。

ただ、30代後半~いまのキャリアとは少し変えたいとか、

価値観が変わってきた、

自分が何を大事にしたいか見えてきたということが著者にはあったので、

抜本的に現状を変えていきたいという方が地方移住、

転職をきっかけにするのは

アリかと考えています。

まとめ

リモートワークの影響で、本厚木、八王子、千葉、蕨、三鷹、柏が躍進

住む環境と家賃のバランスで人気の分布が決まっている。

都心生活が見直されるきっかけとなるか。

地方でもバリバリのオフィスワーカは求められている。