賃貸でお得

給料の3割以下にできる!家賃を節約できる賃貸物件の選び方を解説

家賃が高いせいで毎月の生活費が赤字で貯金ができない。
家賃を減らすために安い物件に引っ越したいとお悩みの方へ!

特に家賃が給料の30%を超えてしまっている方はいますぐ家賃の見直しから始めましょう!

毎月の給料の3割以上を家賃として払ってしまっている方は、
身の丈に合わない家賃の物件に住んでしまっているかもしれません。

賃貸物件は、築年数、駅からの距離、設備、路線、駅、間取りで家賃が決まっています。
このページでは、家賃を節約できる物件選びの条件を解説します。


この記事で紹介するようなコスパが高い物件であれば、
貯蓄が実現できて、ゆとりのある生活が送れるようになるはずです。

敷金礼金を節約して部屋探しはこちらです。 敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!

【駅近物件はスッパリあきらめる】

人気路線で駅から近い物件は人気物件で家賃も高いです。
駅から20分以上離れた物件は10000円~5000円程度安い可能性があります。
駅から遠い物件ならば、大幅に家賃を下げられる見込みがあるので、
駅から遠い物件でも妥協したいところです。

駅から遠い物件でも近くにバス停があったり駐車場が無料で
使えたりすれば問題ありません。
また、近くにコンビニやスーパーがあれば買い物については不便しない生活が送れます。

【ターミナル駅の隣駅が穴場】

もしも通勤や通学などで駅から近い物件が必須であれば、
人気駅やターミナル駅のエリアを避けて、隣の駅を選びましょう。
隣の駅は穴場で家賃が割安ですので、おすすめです。

ターミナル駅は急行が停車するので、とても便利で人の乗り降りも多いですが、
周囲の物件は割高です。隣駅の物件を借りてターミナル駅まで徒歩や自転車で通うこともできますね。

【築古物件でも内装がキレイな物件を狙う】

築年数が浅い物件は人気がありますが、家賃が高いです。
一方で、築年数が30年以上で外観がボロボロのような物件でも
実は内装はキレイに改装されたリノベーション物件も結構あります。
リノベーション物件は、和室が洋室に変更されていたり、
2DKの間取りが1LDKに変更されていたり、最近の物件のようなリフォームがされています。

内装がキレイにリフォームされていれば、築古物件でも快適に暮らせるはずです。

また、設備についてもオートロックや宅配ボックス、モニタ付きインターフォンなど
本当に自分に必要な設備が最低限そろっている物件で家賃を節約したいです。

【シェアハウス、ルームシェア物件】

シェアハウス、ルームシェアについては過去記事で紹介しているので参照して下さい。
過去記事:シェアハウスやルームシェアは気楽にはじめられる

シェアハウス物件は専用の物件を探せば問題ありませんが、
ルームシェアについては、物件ごとに友達と暮らしても良いですか?

と確認する必要があります。都内ではNGな物件が多いと思いますが、
地方では2DKなどの古めの物件では、2人入居可の物件もあるので、
以下リンクから探してみてください。

業界大手のオークハウスがシェアハウス物件で入居者募集情報

【中古戸建てや中古区分マンションを買ってしまう】


こちらも過去記事で書きましたが、賃貸から物件の購入にシフトしてしまうパターンです。
住宅ローンを組めれば固定費は大幅に下がるでしょう。過去記事を参照してみてください。

過去記事:賃貸物件を買い取れた理由を紹介

【大家さんに家賃交渉をしてみる】

過去記事を参照してみて下さい。

過去記事:5ステップでできる家賃交渉方法

長く入居している物件で、大家さんと信頼関係が
築けていれば交渉に成功する可能性はあると思います。

おわりに:家賃は固定費の大半を占める大きな支出です。
家賃が給料の3割を超えてしまっている場合は以下条件で物件を探しましょう。

  •  駅からやや離れた物件
  •  リノベーションされた築古物件
  •  設備にこだわらない
  •  中古戸建てや区分マンションを購入する


以上の条件にあてはまる物件に住み替えれば、固定費が削減でき、
貯蓄や将来の資産形成にお金をまわせるようになります。